HOME>イチオシ情報>再婚するための活動の準備やそれに伴うマナーを知る
ハートを持つ人

全てをさらけ出そう

バツイチでの婚活は、初婚とはいささか報告や確認すべきルール・マナーが異なります。例えば、離婚か死別なのかを報告、確認すべきです。婚活サービスの利用では、相手希望書やプロフィール作成などが必ずあります。絶対希望・何かがよければ許せる範囲・絶対に拒否、こうした希望がそれぞれにあります。これは婚歴も例外ではなく、初婚を希望する人のほうが圧倒的に多いのは事実です。初婚または再婚を希望するにしても、そこに子どもが1人いることが魅力になる場合もあれば、NGという場合も無きにしも非ずです。バツイチを理由に悲観的に考えるのではなく、婚活中は楽観的に考えましょう。付き合いの浅い人にはバツイチである話しは出してはならない、こうした暗黙のルールがあります。同じく、相手も経緯を根ほり葉ほり聞くことはマナー違反といいます。しかし、自分に非がないのなら、非を認めているなら、早めに話しておきましょう。子どもがいるのならなおのこと、真剣である意味にも繋がる問題です。

子持ちの場合の準備

バツイチで婚活している人は増加傾向です。今や、再婚するための結婚相談所までが運営されています。お互いがバツイチ、バツニなどの婚歴であったり、もちろん再婚のみを希望する人も入会できます。もしも前の配偶者との間に子どもがいるのなら、身分証明書など、提出しておきたい書類がいくつかありますから用意しましょう。プロフィール作成が成婚のカギを握り、内容が詳細であればあるだけ、魅力的に見せることができます。自己紹介になるため、子どもと一緒に写る写真や、子どもの性格についても明記するのがよいでしょう。婚活アドバイザー(仲人)が間に入りますが、子持ちの問題は子どもの気持ちです。本人同士は、婚活サービスを利用する時点で前向きですが、子どもは違います。ですから、子どもの気持ちを聞く、知る婚活セミナー、カウンセラーの手を借りましょう。申し込みも婚活サービス経由から提供されていますし、ウェブ、電話やメールから申し込みができます。

広告募集中